前へ
次へ

相続した不動産を賢く売却する方法

不動産を相続などで手に入れたときに、使い道に困った場合はすぐ売却をしてしまうことがあります。しかし不動産を売却したときに発生する収益は譲渡所得に該当するので、保有している期間によって負担する税率に違いが発生します。基本的に不動産を保有している期間が5年以下の場合は短期に該当し、5年以上であれば長期に該当してきます。分離短期譲渡所得の場合は売却時に発生した収益に対して、所得税が30%と住民税が9%の税率になるので、税負担が大きくなってしまうのが特徴的です。一方で分離長期譲渡所得の場合は所得税が15%で住民税が5%の税率になりますから、短期のときよりも税負担が半分程度で済みます。因みに10年以上の保有期間がある不動産を売却した場合は、さらに税率に違いが発生することもありますから、売却をする前に税負担についても把握しておくのが大切です。不動産を相続してから4年目に売却をするよりも、もう少し保有して5年以上にしてしまったほうが、税負担を賢く軽減することができます。

Page Top