前へ
次へ

不動産投資の金利に関するリスク

不動産投資をするケースで、一般的に金融機関より融資を受けることが考えられます。融資は金利がつきまといます。近頃は低金利のため融資が受け易くなっていますが、金利の水準はこれから先ゆるやかに駆け上がっていくと見込まれています。変動金利の返済を採用した場合、金利の水準が上昇すると支払いが増加していくので、その危険性があるといえます。 変動金利と言いますのは、金融機関の融資の金利パターンの一つで、途中でマーケットの金利変動に関わりを持ちながら金利が改められるものを意味します。不動産投資においては、こうした変動金利で融資を受けるスタイルの状態になります。一方で、返済期間が安定的な金利で異ならない種類を固定金利といいます。変動金利のリスクを遠ざけるには、返済期間を短くするなど改善案がなくてはなりません。しかし、金利の水準が上がるときは価値も高額になることが多いので、譲渡するタイミングとも言えるでしょう。

Page Top