前へ
次へ

不動産を売却すると取られる税金とは

相続などをした不動産を使用しないケースは、売却をして現金化してしまったほうが使い勝手がいいです。現金化してしまえば、いろいろな用途にお金を使用することができる魅力がありますが、売却をすると税金が発生してしまう点に注意が必要になります。不動産を売却して現金化するということは収益を手に入れているのと同じ考えになるので、所得税が発生してきます。また住民税にも課税されるので、売却した金額を全て手に入れられることはありません。不動産を売却したときの所得は譲渡所得になりますが、給与所得とは異なり分離課税になる特徴があります。給与所得や事業所得などは総合課税になりますが、それとは別に譲渡所得は分離されて課税されるので注意が必要です。また不動産を取得してから売却をするまでの所有期間によっても、所得税と住民税の負担する税率に変化があります。基本的に所有期間が短いほど、投機的な目的と考えられてしまうので、税金の負担も増えてしまうのが特徴的です。

Page Top