前へ
次へ

不動産の名義を変更する方法

不動産を相続したり売買するなどして所有者が変わった場合に、登記簿の名義を変更する必要があります。仮に売買契約が成立して不動産を取得しても名義変更の手続きがおこなわれていないと、所有権が移っていないので、注意が必要です。相続のときや離婚時の財産分与でも名義変更をしなければ、所有権が変わっていませんから、後から揉めてしまう可能性があります。そのような問題を事前に防ぐためにも、不動産の名義変更をしっかりと理解しておくのが大切です。土地の名義変更をする場合は、必要な書類を作成する必要があるので、個人的に作業をすると難しい特徴があります。多くのケースでは司法書士に仕事を依頼して、法務局への登録をサポートして貰うのが通常です。個人的に作業をしたい場合は、法務局で申請書類を貰ってから、戸籍謄本などを用意して登記申請書を作成していく流れになります。このときに売買や相続や財産分与などで書類の作成方法に違いが発生するのが、個人で書類を作成するときの難しいポイントです。

Page Top